なみはや訪問リハビリセンター|大阪 門真市の訪問マッサージ なみはや訪問リハビリセンター(在宅リハビリテーション)

なみはや訪問リハビリセンター 0120-19-7388 072-885-2051 なみはや訪問リハビリセンター

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

HOME > 治療の内容
HOME なみはや訪問リハビリセンター
なみはやが皆様に選ばれる理由 なみはや訪問リハビリセンター
治療の内容 なみはや訪問リハビリセンター
健康保険と治療費 なみはや訪問リハビリセンター
お手続きの流れ なみはや訪問リハビリセンター
スタッフ紹介 なみはや訪問リハビリセンター
利用者の声・Q&A なみはや訪問リハビリセンター
訪問エリア なみはや訪問リハビリセンター
お問い合わせ なみはや訪問リハビリセンター
リンク なみはや訪問リハビリセンター
治療の内容
 
 

ご高齢の方、お身体が不自由の方、歩行困難の方、身体に「関節拘縮」か「筋麻痺」のある方等に対し、国家資格者である施術師が存宅に訪問し、マッサージ、ストレッチ、機能訓練等、個々の患者様に合わせた施術を行います。

効果として、

 
 
全身症状の改善
 
マッサージ、ストレッチ等により、血液の流れを促進し、痛みやむくみを緩和します。
 
 
筋肉・関節の改善
 
筋肉・関節を動かして日常生活動作の改善
 
 
運動機能の改善
 
筋力アップ、座位や立位の保持、歩行能力の向上
 
 
血液・リンパなどの循環改善
 
筋力アップ、座位や立位の保持、歩行能力の向上
 
 
関節可動域の拡大及び維持
 
筋萎縮が起こると、関節拘縮を引き起こすので、関節運動しないとますます筋肉は萎縮を起こして、関節可動域を縮小させてしまいます。
筋肉、関節を動かして、関節可動域を広げ可動域を確保する事が2次的障害等の予防につながります。
 
 
内臓諸器官の機能改善
 
寝たままで食事するよりも、やはり座って食事を摂った方が内臓に刺激を与え、自らの意志で食事をし、噛み、のみ込む、この動作が内臓を動かし吸収力を高めます。
腹圧を高める(座位をとる)という為に、座位、立位の訓練を行うことにより内臓機能改善につながります。
 
0120-19-7388 072-885-2051 なみはや訪問リハビリセンター
 
HOME | なみはやが皆様に選ばれる理由 | 治療の内容 | 健康保険と治療費 | お手続きの流れ
スタッフ紹介 | 利用者の声・Q&A | 訪問エリア | お問い合わせ | リンク | サイトマップ
Get ADOBE FLASH PLAYER
当サイト内のコンテンツが正常に再生、表示することができない場合は、左記より最新のプラグインをダウンロードしインストールしてご利用下さい。